不動産名義変更

不動産の名義人が死亡した場合、自動的に名義が変わるわけではありません。

 

相続人のうちの誰を不動産の名義人にするのかなどを遺産分割協議して、決めた後に、遺産分割協議書、印鑑証明書、戸籍謄本等、名義変更に必要な書面一式をそろえた上で法務局に登記申請をしなければなりません。

 

登記の名義変更は義務ではありませんが、そのままにしておくと時間の経過とともに当然、相続人の数が増えていき、事実上売却等の手続きができなくなってしまうこともあります。

 

なぜならば、相続登記による不動産の名義変更には相続人全員の同意が必要であるからです。

 

時間が経つにつれて、相続人も死亡してしまい、どんどん相続人が増えていき、さらには、相続人が増えるにつれて人間的なつながりも希薄となり話し合いが困難となってしまいます。

それそれの連絡先など、分からないどころか、相続人が生きているのかさえも分からないという状況にも陥りかねません。

 

このような状態になると、名義変更することは困難になり、不動産を売却したくてもできないという状態に陥ってしまいます。

 

ですから、相続が発生したらなるべく早く、兄弟などで話し合いをして、誰かの単独名義に名義変更をしておくべきです。

 

▲このページのトップに戻る