相続税

相続税は、実際にかかるのは一部の富裕層のみで全体の数パーセントだけです。

 

大きな基礎控除があるからです。

 

基礎控除は、5,000万円+相続人一人につき1,000万円です。

つまり、夫、妻、子供2人の家庭で夫が亡くなった場合は、8,000万円までは相続税がかからないことになります。

 

また、配偶者には、特別な控除があるので、法定相続分かもしくは16,000万円までは相続税がかかりません。

 

自宅の相続の場合にも減額措置があったり、投資用の不動産にも減額措置があります。

 

これらの制度を利用することによって、多くの人が相続税を支払わなくてもよくなるわけです。

▲このページのトップに戻る