借金は相続の対象となりますか?

相続とは、包括承継なので、被相続人の財産ばかりか負債(借金)や保証債務も相続の対象となります。

被相続人には、財産よりも負債が多い場合には、相続放棄をすれば、負債(借金)を負うことはなくなります。但し、財産の相続もできなくなります。

 

▲このページのトップに戻る