相続人に未成年がいる場合はどうすればよいですか?

未成年者とその親権者が共同相続人に該当する場合には、利益相反になるため、家庭裁判所特別代理人の申立をしなければなりません。

 

例えば、夫が亡くなり妻と子供が相続人の場合、妻が子供の親権者であると妻は好きなように遺産分割でき子供の権利を害することになりかねません。

そのため、子供を代理する第三者の特別代理人が必要となります。

 

子供が複数いる場合、それぞれに特別代理人が必要です。

 

 

▲このページのトップに戻る