相続人に認知症の人がいる場合はどうすればよいですか?

遺産分割をしたり、預貯金をおろしたりするなどの手続きをするには、相続人の意思に基づく署名押印が必要です。

 

そのため、遺産分割について理解ができない程、認知症が進んでいる場合、遺産分割自体ができません。もし強引におこなったとしても意思能力がないにもかかわらず署名押印させた遺産分割は無効となります。

 

このような場合は、家庭裁判所に後見、保佐、補助などの申立をして、家庭裁判所で選任された後見人などの代理人との間で手続きを進めることになります。

 

後見人と被後見人が共同相続人となっている場合には、利益相反に該当するため、さらに家庭裁判所に特別代理人の申立をしなければなりません。
▲このページのトップに戻る