相続人に行方不明の人がいる場合はどうすればよいですか?

相続人に行方不明の人がいる場合には、家庭裁判所に不在者財産管理人の選任の申し立てをして、その管理人との間で、遺産分割協議などの手続きを進めます。

 

遺産分割協議をするには、行方不明者の同意も必要なため、勝手に行方不明になったのだからといって無視することはできません。

▲このページのトップに戻る