特別受益とは何ですか?

遺産分割に際して、共同相続人中に被相続人から遺贈を受け、又は、婚姻、養子縁組、生計の資本として贈与を受けた人があるときに、その利益のことをいいます。

 

例えば、相続人の子供が複数いる場合、一人だけが大学に通って多額の学費の援助をしてもらった場合や、一人だけが結婚式などで多額の援助をしてもらったという場合です。

 

そのようなケースの場合、相続に当たって、通常の法定相続分で分配すると相続人間において、不公平が生じるので、考慮するわけです。

▲このページのトップに戻る