遺言書の作成

遺言書というのは、自分が亡くなった後に誰にどの財産を遺したいかを決めることができる書面です。

 

特定の相続人にのみ財産を遺すこともできます。

また、相続人以外の第三者を指定することもできます。

 

遺言書がないと民法で定めれれているとおり法定相続に基づき相続されることになります。

もしくは、遺産分割を行って相続分の取り決めをすることになります。

 

遺言書の種類には、公正証書遺言自筆証書遺言秘密証書遺言などがあります。

 

公正証書遺言は、公証人に作成してもらうので、一番安全確実です。 

 

自筆証書遺言は、遺言書を自分一人で作成することができます。

全文を自分で書いて、署名、押印、日付などの一定の要件が必要です。

要件が欠けていると遺言書の効力はありません。

 

秘密証書遺言は、公証人や証人が必要ですが、中身は自分で記載するので、内容の秘密は守れます。

 

とくにこのような方は相続人の紛争を防ぐためにも是非とも公正証書遺言を作成することをお勧めします。

▲このページのトップに戻る