遺留分

遺留分とは、相続人のために、法律上必ず守られる遺産の一部のことです。

 

被相続人兄弟姉妹以外の相続人に対して留保された相続財産の割合をいいます。

被相続人の兄弟姉妹以外の相続人には相続開始とともに相続財産一定割合を取得しうるという権利が認められるわけです。

 

直系尊属のみが相続人の場合は被相続人の財産の1/3それ以外の場合は全体で被相続人の財産の1/2が遺留分割合として法的に保証されています。

 

仮に、被相続人が全財産を寄付してしまったり、愛人に遺贈してしまったりしたら、残された相続人は、被相続人名義の不動産があれば、それも渡さなくてはならなくなるなど困った事態に陥ってしまうので、その相続人の最低限の権利は保証しようというものです。

 

<例>

父が死亡、相続人は母と子供2人

父の財産 1000万円の場合

母 遺留分 250万円

子供 遺留分 125万円ずつ

 

▲このページのトップに戻る