遺留分の算定方法

遺留分の算定には、被相続人の死亡時の財産+被相続人の生前贈与分−債務で計算されます。

 

贈与した相手が相続人以外の場合

@相続開始前の1年間にした贈与
A被相続人と受贈者の双方が遺留分権利者に損害を加えることを知ってした贈与のいずれかの贈与の場合にのみ、遺留分の算定の基礎に含まれます。

 

贈与した相手が相続人の場合

1年という期間の定めはなく、特別受益に該当する贈与は、原則として遺留分の算定に組み入れられます。

▲このページのトップに戻る