遺留分減殺請求

遺留分を侵害する遺言書を作成することも可能です。

 

遺留分は権利であって義務ではないので、遺留分権利者が相続開始の事実と遺留分を侵害する遺言の存在を知ってから1年で消滅時効となります。

また、相続開始から10年経過で時効消滅します。

 

なるべく遺留分を侵害しない遺言書を作成するのが紛争防止のためにはよいのですが、やむを得ず遺留分を侵害する遺言書を作成する場合は、遺留分減殺の順番や割合を遺言書で定めておくこともできます。

▲このページのトップに戻る