相続人調査

生前にご自身の推定相続人調査をご依頼頂くことも可能です。

推定相続人を確定させることによって、遺言書の作成などの相続対策が可能となります。

順次、戸籍謄本、除籍、改製原戸籍をたどり、推定相続人の確定させます。場合によっては、住所の特定も可能です。

除籍や改製原戸籍を読み込むことは一般の方にはかなり困難な作業かと思います。(法律が施行されると新しい戸籍が作成されたり、引っ越しをしている場合は転籍後の戸籍等が必要となります。)

 

このような難解な作業を相続のプロに依頼してみませんか?

 

子供がいる場合は、子供が相続人となりますが、自分が未婚で子供がいない場合、両親が他界している場合の相続人は兄弟やおい、めいとなります。

 

例えば、下記の場合が想定されます。

●長期間に渡り家族とは音信不通状態が継続しており、両親の生死が不明の場合

●生死不明の兄弟がいる場合

●自らが養子で、実の両親や兄弟の生死が不明の場合

●施設で育ったため、自分の家族が不明の場合

▲このページのトップに戻る