相続放棄

亡くなった方に借金がある場合、このまま放置しておくと相続人は亡くなった方の借金を背負うことになってしまいます。

   

そうならないためには、家庭裁判所相続放棄の申し立てをしなければなりません。

 

 

相続放棄の申し立てができる期間は、自己のために相続の開始があったのを知ったときから3カ月以内です。(被相続人が亡くなってから3カ月以内ではありません。)

 

 

音信不通の父の債権者からいきなり支払いの請求がきて、父が亡くなったのをはじめて知ったような場合は、たとえ父が亡くなってから数年たっていたとしても、知ってから3カ月以内なら相続放棄可能です。

 

 

相続放棄の申し立てを裁判所にすると、申し立てした人は相続人ではなくなるため、負債(借金)を負わなくなります。

 

 

一方で、相続人でなくなるので、当然に財産の相続もできなくなります。

 

また、相続放棄をする場合、すべての相続人がしないと放棄しなかった相続人が一人で負債を負うことになるので注意が必要です。

 

例えば、父が亡くなり、母及び子が相続放棄をすると負債は父の両親が引き継ぐことになります。そのため、両親も放棄する必要があります。また、両親が放棄をすると父の兄弟に引き継がれることになってしまうので、兄弟も放棄する必要があります。

 

亡くなった父の兄弟までが順番に相続放棄をする必要があります。

 

また、被相続人が生前に誰かの保証人になっていた場合、主債務者が支払っているうちは、債務が明らかになりませんが、 主債務者が延滞した場合、当然保証債務も相続の対象となるので、相続人に請求がいくことになります。

 そのため、被相続人が誰かの保証人になっており、被相続人にはめぼしい財産がない場合、相続放棄をしておいた方が得策かもしれません。 

3カ月経過後の相続放棄

相続放棄は、原則として被相続人が死亡したことを知ってから3カ月以内に家庭裁判所に申し立てをしなければなりません。

 

しかしながら、例外として3カ月経過していても相続放棄できる場合もあります。

 

例えば、被相続人が死亡して数カ月以上経過してから被相続人の債権者から請求が来た場合などです。

 

この場合は、請求がきてはじめて被相続人に債務(借金)があるということを知ったということで、3カ月が経過していても相続放棄が認められる可能性が高いです。

 

但し、被相続人の預金を使ってしまった場合や不動産の相続をしてしまった場合には、法律的に単純承認とみなされるため、相続放棄はできなくなります。

▲このページのトップに戻る