遺産分割

遺産分割とは、被相続人の遺産を相続人でどのように分けるのかを決める手続きです。

 

何もしなければ、すべての財産と負債が法定相続の割合に応じて相続人に相続されることになります。

 

相続人全員の同意が得られれば、どのようにでも財産の分配が可能となります。

例えば、長男が不動産、次男が預貯金、配偶者が株券となどと取り決めをすることができるわけけです。

 

遺産には、不動産、預貯金、現金、株券、貴金属等の動産などがあります。

預貯金や現金のみが遺産であれば、特殊な要件がなければ、法定相続どおり分配するだけですみます。

 

しかし、不動産が主な遺産で預貯金があまりない場合に、誰か特定の一人の名義にすると、その他の相続人はなにももらえなくなってしまいます。

 

そのような名義変更は、相続人すべての同意が必要であるので、一人でも反対者がいれば、名義変更はできません。

 

任意の話し合いではどうしても、まとまらない場合には、遺産分割調停を起こして第三者をまじえて、裁判所で話し合うこともできます。

 

相続人全員の同意が得られたら遺産分割協議書の作成をし、署名押印(実印)し、印鑑証明書を添付して、それぞれの遺産の名義変更手続きを行います。

▲このページのトップに戻る