公正証書遺言

公正証書遺言とは、2人の証人が署名押印し、公証人が作成する厳格な遺言書です。

自筆証書遺言等のように裁判所の検認も不要です。

公証人役場で保管されるため、紛失しても再発行ができるし、偽造変造のおそれもありません。

 

作成要件は下記のとおりです。(民法第969号)

(1)証人2人以上の立会いがあること。

(2)遺言者が遺言の趣旨を公証人に口授すること。

(3)公証人が、遺言者の口授を筆記し、これを遺言者及び証人に読み聞かせる、又は閲覧させること。

(4)遺言者及び証人が、筆記の正確なことを承認した後、各自これに署名し、印を押すこと。ただし、遺言者が署名することができない場合は、公証人がその事由を付記して、署名に代えることができる。

(5)公証人が、その証書は前各号に掲げる方式に従って作ったものである旨を付記して、これに署名し、印を押すこと。

 

公証人が関与するため、遺産の金額に応じて数万円の手数料がかかりますが、一番お勧めの方法です。

 

▲このページのトップに戻る