相続手続き

両親などが亡くなった場合、相続が発生します。

相続が発生するとは、被相続人(亡くなった人のこと)の財産も負債もすべてを相続人は、包括的に承継します。 

 

被相続人が亡くなると、預貯金は凍結され現金の引き出しができなくなってしまいます。

また、自宅などの不動産、株券、などもそのまま放置しておくわけにはいきません。

 

誰がどの財産を相続するのかを決めなければなりません。

 

この話し合いを遺産分割といい、話がまとまれば遺産分割協議書を作成します。

話し合いがまとまらなければ、遺産分割調停を起こすことになります。

 

自宅などの不動産がある場合、遺産分割に基づき、法務局に登記申請をすることになります。

 

一方で被相続人には何も財産がなく負債(借金)ばかりという状態の場合、相続人がこのまま何もしなければ借金も承継することになってしまいます。

 

借金の相続をしたくなければ、家庭裁判所に相続放棄の手続きをする必要があります。

 

このように、相続が発生した場合はいろいろな手続きが発生することになります。

 

いろいろ不明なこともあるでしょうから、お気軽にご相談ください。

 

 

 

▲このページのトップに戻る