特別代理人

親権者である父又は母が、その子との間で遺産分割協議を行うには、子のために特別代理人を選任することを家庭裁判所に請求しなければなりません。

 

 

 親だけですべての手続きができることになると、不当に子の権利が害される可能性があるからです。

 

 

 複数の子がいる場合、それぞれの子に別の特別代理人を選任しなければなりません。

 

 

 申立人は、親権者や利害関係人で子の住所地の家庭裁判所が管轄となります。

 

 

 裁判所が特別代理人を選任すると、遺産分割には、親権に服する子に代わって特別代理人が署名押印することになります。

▲このページのトップに戻る